BLOGブログ

中国の最新情報・動向

これであなたも中国通!知っていると自慢できる、日々進化を遂げるWeChatの最新機能(2020年9月最新機能)

こんにちは。
中国人集客専門プロモーション会社、MARU(大阪)のブログです。

ご存知でしょうか?WeChatの機能は日々進化していて、ほぼ毎月のペースで新しい機能が追加されています。
LINEでもたまにありますよね。
LINEアプリをアップデートすると、あれ?この新しい機能は何だ⁉︎と思う時が。
そんなことがWeChatでは毎月のペースでおこっています。
MARUのブログでは、そんなWeChatの最新機能を毎月更新されるごとにご紹介していこうと思います!
今日は、2020年9月度に新しく追加された新機能のご紹介です。

<目次>

新機能① WeChat PC版の更新

【1】ブロック機能が一括で設定できるようになりました。

【2】ミニプログラムをデスクトップにショートカット作成できるようになりました。

新機能② グループライブ機能追加されました。

新機能③ チャット: 広東話の音声データも文字化されるようになりました。

新機能④ 検索機能を更新しました。

【1】「検索」機能の利便化

【2】荷物追跡検索も簡単に行えます。

新機能⑤ 顔認証で銀行カードを紐付けられるようになりました。

新機能⑥ トップストーリー:お勧めしてくれた人へ感謝スタンプを送信できるようになりました。

新機能① WeChat PC版の更新

【1】ブロック機能が一括で設定できるようになりました。

今までは、あるアカウントをブロックしたい場合、連絡先からスマートフォンで一人一人のアカウントを開いて「ブロック」にチェックして制限をかける方法でしたが、今回のリニューアルでPCを使うと、一度に多くの人の閲覧制限を設定できるようになりました。

中国は仕事もプライベートもWeChatを活用するので、WeChat内の友達の数は莫大で、タイムラインを投稿する際に閲覧制限を設けることが多くなっています。
そんな莫大なWeChatの友達を、①関係の薄い人②仕事関係③仲良しな人④家族…などと分類して、タイムラインの閲覧制限を設定しています。
そんな中国の文化に合わせて、今回の一括管理機能が誕生しました。

【2】ミニプログラムをデスクトップにショートカット作成できるようになりました。

今まで、ショートカット作成はできませんでしたが、今回のリニューアルによりできるようになりました。
PCを使う時、デスクトップから直接ミニプログラムのショートカットを開くことができます。(但し、開けるのは、WeChat PC版を起動している時に限ります。)
これにより、利用頻度の高いミニプログラムはデスクトップにショートカット作成しておくと、すぐに利用することができるので大変便利になりました。

新機能② グループライブ機能追加されました。

コロナウイルスの影響もあって、今年はzoomなどのビデオ会議機能が周知しましたね。
このWeChatグループライブは、テレビ電話とは異なり、ライブ配信なので1つのアカウントが配信し、その他のグループメンバーが閲覧する仕組みです。
学校や塾など勉強会目的で作られた機能です。
今、中国でかなり流行っているライブコマースとしては、利用できないように制限されています。
しかし、将来的にはバイヤーさんがこの機能を活用し、WeChatでライブコマースができるようになるかもしれませんね。
この機能は現在は、中国国内以外では利用できません。

新機能③ チャット: 広東話の音声データも文字化されるようになりました。

中国人はボイスメッセージ機能をよく利用するので、WeChatはボイスメッセージをテキスト化できる機能を開発しました。
ボイスメッセージをテキスト化することで、音を出してはいけない静かな場所でも相手からのメッセージを読むことができます。
この機能が更に進化して、広東話の音声データでもテキスト化されるようになりました。
広東語とは、中国の方言です。
中国の方言は、日本と異なり、同じ中国人でも伝わらないほどです。
よって、広東語で送られてきたボイスメッセージは中国語ではなく、外国語と判断されていたのでWeChatでテキスト化できませんでした。
しかし、この機能が追加されたことで広東語をテキスト化できるようになったので、広東語を話す人とでもコミュニケーションがとりやすくなりました。

新機能④ 検索機能を更新しました。

WeChatは、他の企業のアプリへ利用者を流動させたくない想いがつよく、特に、検索エンジンの百度(baidu)への流動を防ぎたく、WeChat利用時に、何かを検索したくなった時もWeChatで解決できるように、自分たちの検索機能を発展させました。

【1】「検索」機能の利便化

WeChatのチャット内でチャットのテキストを検索したい時、検索したいテキストを選択すると、[検索]というタブが登場したので、チャット画面からそのまま検索ができるようになりました。

【2】荷物追跡検索も簡単に行えます。

[検索]機能の利用は、荷物の追跡番号にも反応します。
これは、中国はネット通販会社や友人、実家などから荷物を受け取る際にWeChatで追跡番号を共有することが多いので、この機能が追加されてかなり便利になりました。

新機能⑤ 顔認証で銀行カードを紐付けられるようになりました。

WeChatPayを利用する際、銀行カードの番号入力で情報を紐付けます。
日本でも電子マネー初期登録の際におこないますよね。(地味に面倒臭い作業)
その面倒臭い銀行カードの紐付け作業はWeChatでは不要!顔認証と認証番号のみの入力で完了です。
中国は銀行口座開設時に、顔写真の登録があるので、中国ならではのシステムですね。

新機能⑥ トップストーリー:お勧めしてくれた人へ感謝スタンプを送信できるようになりました。

トップストーリーとは、友達がお勧めしたWeChatのコラムを閲覧できるWeChat内のページです。
トップストーリーのページでは、コラムと一緒にそのコラムをお勧めした友達たちのアカウント名が表示されます。
それを見て、コラムの作成者やそのコラムの拡散を頑張っている人が、お勧めしてくれた友達へ感謝の気持ちを示すスタンプを送ることができます。

新機能⑦ ミニプログラム:微信小商店(ウェイシィンシィアォシァンディェン)の機能が更新されました。

微信小商店というミニプログラムは、安い手数料(交易金額の0.6%)で、個人や企業が簡単にネットショップを開設、運営することができます。
この微信小商店の機能が一新されました。
●最低金額50人民元(約750円)で、テンセントのビッグデータの分析により潜在客のタイムラインと公式アカウントで自分の店を宣伝できるようになりました。
●個人店でもライブ配信ができるようになりました。
●店舗(企業or個人)は時間限定販売を設定することができるようになりました。
●店舗(企業or個人)は保留中の商品の値段を変更できるようになりました。
●店舗(企業or個人)は、直接お客様へ連絡することができるようになりました。
…など、店舗側の権限が増えました。
微信小商店は日本ではまだ開設できません。

新機能⑧ プロフィール:企業・個人の情報共有機能が追加されました。

自分のプロフィール画面で、①名前②税番号③住所④電話⑤銀行名⑥銀行口座を入力、登録すると、それらがまとまって確認できるQRコードが発行できるようになりました。
個人バイヤーアカウントや企業アカウントにとって便利な機能で、取引時にこれらの情報を共有したい時にこのQRコードを活用します。

9月度のWeChat更新内容でした。

TwitterやFacebookも更新しているので、ぜひ覗いてください^^
FacebookやTwitterも随時更新中♪

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/maru1001

 

Twitter↓↓

https://twitter.com/maru01beauty

 

初めて中国人をターゲットにするとき・・

高い広告費だと心配ですね、、

MARUの中国広告は安いから安心。

お気軽にお問い合わせください^^

https://maru.co.jp/contact/