BLOGブログ

中国の基礎知識

5G世界の大変革|5G時代の中国の決済事情

こんにちは。
中国人集客専門プロモーション会社、MARU(大阪)のブログです。

数年前の4Gの普及によって、ショット動画、電子マネーが急速に発展し、我々のライフスタイルに大きな影響を与えました。
ついに最近、5Gも身近な生活に現れ、これからは5Gの時代だと言われています。
この記事では、中国で、5Gの普及で決済方式に発生する変化について紹介したいと思います。
お楽しみください。

 

【目次】

①5Gの普及により技術の変革

➁デジタル人民元などのデジタル貨幣の普及

③個人情報で決済(顔決済、指紋決済、ボイス決済)

④レジ不要なショップが実現!

まとめ

 

①5Gの普及により技術の変革

5Gとは、第5世代移動体通信システムの略称であり、超高速ネットワークの通信技術のことを指しています。
超高速、超低遅延、複数の端末多の同時接続、三つの特徴があります。
5Gを利用することで、IoT(モノのインターネット)、人工知能、ブロックチェーン、ビッグデータなどの先端技術の実用性は、さらに高めることができます。

➁デジタル人民元などのデジタル貨幣の普及

デジタル人民元は、仮想通貨(ビットコイン等)と同じように、安全性の高いブロックチェーン技術を使用しています。
5Gの高速ネットワークは、データの交換、暗号化に高速的な通信環境を提供できるため、ブロックチェーン技術をさらに成長させる効果があります。それとともに、ブロックチェーン技術を使用したデジタル人民元の普及にも大幅に加速する見込です。

 

③個人情報で決済(顔決済、指紋決済、ボイス決済)

5Gの高速通信により、膨大な情報を端末からビッグデータベースに転送し分析させ、分析結果を端末に転送することは一瞬で完成できます。
そのため、買い物する際に、顔、指紋または自分の声を認識させるだけで、自動的に紐づけた口座から商品代金を支払います。今までと違って、財布、スマホがなくても、本人さえ確認されたら決済できるようになります。

④レジ不要なショップが実現!

モノのインターネット(IoT)とは、様々なものをネットワークで連携し、お互いに制御できる技術です。
5Gは、高速な通信速度と広い通信範囲を備えているので、モノのインターネットに必要な環境を提供できます。
コンビニやスーパーで、IoT技術を利用し、商品が棚から離れる時点で店の管理システムに認識され、周りに設置されるカメラで購入者の顔を確認し自動的に決済されます。
このような技術を利用することで、レジが設置する必要がなくなります。今迄レジの前に長い行列を並ぶ景色はなくなるかもしれません。

まとめ

①5Gに基づいて、モノのインターネット、人工知能、ブロックチェーン、ビッグデータなど技術の実用性も高くなります。
②デジタル人民元の普及につれて、インターネットなしで決済できます。
③通信速度の向上により、顔決済、指紋決済、ボイス決済は更に実用化され、財布、スマホがなくても決済できるようになあります。
④モノのインターネット技術でレジ不要な決済が可能になります。

 

引用
https://finance.sina.com.cn/tech/2020-12-11/doc-iiznctke5992317.shtml
https://finance.sina.com.cn/blockchain/roll/2020-05-21/doc-iirczymk2711167.shtml
http://www.rfposji.com/index.php?mod=article&act=view&id=2515
http://www.xinhuanet.com/tech/2020-12/14/c_1126856410.htm
https://tech.hqew.com/fangan_2011606

MARUは中国ビジネスのサポーターとして、中国SNSプラットフォームの開設や運用代行もおこなっています。
お気軽にご相談ください。

TwitterやFacebookも更新しているので、ぜひ覗いてください^^

FacebookやTwitterも随時更新中♪

Facebook:
https://www.facebook.com/maru1001

Twitter:

初めて中国人をターゲットにするとき・・
高い広告費だと心配ですね、、
MARUの中国広告は安いから安心。
お気軽にお問い合わせください^^