CHINA NEWS中国最新情報

中国の最新情報・動向

中国の若者が超熱中している「コト消費」 【劇本殺】のご紹介

こんにちは。中国人集客専門プロモーション会社、MARU(大阪)のブログです。

 

「体験型消費」、「コト消費」をご存じでしょうか?
一般的な商品を購入する「モノ消費」に対し、実物ではない「事」や「体験」に消費することを「体験型消費」or「コト消費」と言います。
現在、中国では経済の発展とともに娯楽活動への出費が日々増加しています。
最近は「劇本殺」という新しい体験型ゲームが中国の若者の中で拡散され、ビジネスモデルとして急激に成長しています。

今回のブログでは、この「劇本殺」について詳しく紹介したいと思います。
興味のある方はぜひご覧ください(^^)/

 

目次
「劇本殺」とは?
「劇本殺」の発展と現状
「劇本殺」が人気の理由

 

「劇本殺」とは?

「劇本殺」とは、演劇に似ているボードゲームです。
ゲームの内容は、ゲーム開始前に発生した死亡事件に対して参加者の中から犯人を探し出すというものです。
探偵ドラマの撮影のように、参加者はそれぞれ貰った台本に基づいて各自の役を演じながらストーリーを展開する形となっています。
ただ、配られた台本にはその人物の身分情報、経歴や任務(自分の秘密を隠す、ほかの人を粉飾するなど)などゲームの進行に必要な情報は記載されていますが、台詞は書かれていません。
そのため、発言の内容を工夫してなるべく自分に有利な状況に導くことが重要です。

また、ゲームのリアリティを向上させるため、ゲームの時代に合わせて部屋のデザインを決めたり道具や衣装を用意したりなど、「劇本殺」の店側もかなり力を入れています。
さらに、より参加者の体験をリアルにさせるため、建物を貸し切り数日間泊まり込んでゲームを続けるケースもあります。(この場合、食事や宿泊プランも含まれます。)

ゲームの参加者数は、基本ストーリーに出場する人物の数によります。
少ない時は4人程度から、多い時では10人以上必要な場合もあります。

「劇本殺」の発展と現状

「劇本殺」は、元々欧米が発祥のゲームだと言われています。
1930年代、アメリカで流行っていた「Jury box」という推理ゲームが現在の「劇本殺」の原型だそうです。

「劇本殺」の中国での登場は2010年代以後となります。
「中国版Abema.TV」と呼ばれるネットテレビ「芒果TV」が企画したテレビ番組「明星大偵探」は、「劇本殺」が中国で流行るきっかけとなりました。
この番組で人気芸能人が「劇本殺」のゲームに実際に参加したため、推理ゲームが好きな人だけではなく、芸能人に関心がある人にも「劇本殺」を普及することができました。

現在、「劇本殺」のビジネスモデルとして、
台本の創作者→台本の出版社→実店舗orオンラインプラットフォーム(店に行けない人でもスマホでアプリをダウンロードすれば「劇本殺」を楽しむことが可能)→消費者
このような一連の流れで、サプライチェーンが成立しています。
また一部の企業では、ブランド、経営方針、サービスの内容、店の外観などを標準化して「劇本殺」のフランチャイズ店という体制を構築するケースもあります。
2020 年までで中国の「劇本殺」の店舗数は既に3万店舗を超えました。
予測では、2021年には「劇本殺」業界の市場規模は170億元(約3000億円)に達成し、今後さらに成長する可能性も考えられています。

「劇本殺」が人気の理由

「劇本殺」が人気になる理由は、「社交的な要素」と「内容的な要素」が考えられます。
まず1つ目に「社交的な要素」とは、「劇本殺」に参加する人は相手が全く知らない人であっても、ゲームの中で設定された身分とストーリーの進展を利用して違和感なくコミュニケーションを取ることができます。
よって「劇本殺」をプレイすることでほかの方法よりも簡単に友人関係を構築できるのです。
また、2つ目の「内容的な要素」とは、「劇本殺」に参加することでストーリーの中の人物となり、自分の推理能力や表現力を生かして現実世界と異なる雰囲気を体験することが可能です。
そのため、日々ストレスが溜まっている学生やサラリーマンはストーリーの中に入り込むことでストレスを発散し、現実世界での悩み事を一旦忘れて推理ゲームを楽しむことができます。

現在中国では、1990年代~2010年代に生まれた「Z世代」が一番消費力が強いと言われ、特に趣味や娯楽への消費金額が高いです。
新鮮さを重視する若者にこそ、今までと違う体験を与えることが重要です。

いかがでしたか?
日本ではあまり馴染みのない体験型ゲーム。
もしかすると日本でも、若者に人気の火がついて流行るかもしれませんね!!

 

引用:
https://www.huxiu.com/article/425400.html
https://www.36kr.com/p/1281899760599554
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%88%E6%B6%88%E8%B2%BB
https://baike.baidu.com/item/%E5%89%A7%E6%9C%AC%E6%9D%80/55473058#viewPageContent
https://zhuanlan.zhihu.com/p/360182343

 

TwitterやFacebookも更新しているので、ぜひ覗いてください^^
FacebookやTwitterも随時更新中♪

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/maru1001

 

Twitter↓↓

https://twitter.com/maru01beauty

 

初めて中国人をターゲットにするとき・・

高い広告費だと心配ですね、、

MARUの中国広告は安いから安心。

お気軽にお問い合わせください^^

https://maru.co.jp/contact/