CHINA NEWS中国最新情報

中国の最新情報・動向

中国BtoB-取引サイト「1688.com」とは?卸売販売を希望の企業様、必見です!!

こんにちは!中国人集客専門プロモーション会社、MARU(大阪)のブログです。

 

中国のEC大手「アリババ」社と言うと、皆さんがまず思いつくのは「タオバオ(taobao)」や「天猫(Tmall )」のような一般消費者向けのBtoC-ECプラットフォームでしょう。

実は、アリババ社の創業当初、会社の存続を支えてきたプラットフォームはタオバオや天猫などの小売サイトではなく、企業向けのBtoB-ECサイト「1688(中国語:阿里巴巴)」でした。1688が設立したことで、アリババ社はソフトバンクをはじめ、世界中の投資者の注目を集めることができました。そのおかげで、同社は現在の中国EC業界で牛耳を執る存在に成長しています。

今回のブログでは、アリババ社のBtoB-ECサイト「1688」の特徴と日本企業が1688を経由して商品を中国企業に卸売販売する方法について詳しくご説明します。ぜひこのブログを最後までご覧ください(^O^)/

目次
1688とは?
タオバオ、天猫との違い
1688の新しい使い方

日本企業の1688への出店条件

 

1688とは?

前述のとおり、1688は中国のアリババグループ(阿里巴巴集団/Alibaba Group)が運営している世界最大のBtoB(企業間取引)ECサイトです。1688のバイヤーアカウント登録数は1.2億件を超え、出店者数は1100万以上となっています。
1688は中国企業への大量販売(卸売)を中心として業務を展開しており、通常の服飾雑貨・家具日用品・食品など以外にも各種原材料や工業品など、製造業関連の商品もたくさん扱っています。

また、サイト内に出品されている既存の製品だけでなく、1688経由で自分が作りたいオリジナル商品を製造できる企業を調査することも可能なので「企業間マッチングサイト」としての機能もあります。

簡単にまとめると、この1688というサイトは中国の企業向け卸売サイト+企業間マッチングサイトとなります。

 

タオバオ、天猫との違い

同じ企業に所属しているECプラットフォームとして、1688とタオバオ、天猫はそれぞれ特徴があります。

まずユーザー層から見てみると、タオバオと天猫は一般消費者がメインで、1688のユーザーは企業や小売業者が多いのが特徴です。
そして、タオバオと天猫では商品の単価が比較的に高く、購入数量への規定は基本ありません。1688はその逆で「商品単価は安いが、その代わり大量に買わないといけない(最低ロット数の設定がある)」といった特徴があります。
つまり、大量販売(卸売)を検討されている企業様にとっては1688が最適なプラットフォームという訳ですね。

 

1688の新しい使い方

以前1688が公表したデータでは、2020年6月までに1688のユーザーは20歳~30歳のユーザー比率が大幅に成長し、全体の約4割を占めていることがわかりました。その理由は、中国の若者の中で流行っている1688の新しい使い方の影響だと言われています。

この新しい使い方とは、「まずタオバオなどの小売ECサイトで購入したい商品を探して、それと同じものをアリババで購入する」というやり方です。=BtoBtoC!!

コロナの影響で経済の発展が減速される中、中国の若者は以前よりも商品価格へのこだわりが強くなっています。これまで仕入れサイトとして存在してきた1688が、「なるべく安いものを買いたい」といった若者の目にだんだん留まるようになりました。
タオバオや他の小売サイトの商品はアリババで仕入れるケースが多いため、タオバオと1688で同じ
商品を探してみると「全く同じものが置いている」といったことも珍しくありません。例えば同じ商品であっても、1688の販売単価はタオバオなどの小売サイトの半額以下の値段で買える可能性が高いです。

↓お菓子(日本製)のタオバオでの販売価格

↓同じ商品の1688での販売価格

上記商品のように、同じ商品でも1688での販売価格はタオバオの1/3となっています。
しかし、1688は最低ロット数の設定があるため、上記商品を購入したいのであれば最低20個買わなければいけません。
そのため1688では、普段よく使っている日常消耗品や食品などの大量購入or欲しいものを友人や親戚にシェアして共同購入させる(この点は拼多多と似ています)という使い方がどんどん広がっています。元々企業向けの1688も、今や一般消費者により親しみやすくなりました。

そこで出店側(日本企業)からみた1688の使い方を下記にまとめました。
【1688.comの使い方およびメリット】
・中国企業へ大量販売が可能(BtoB)
・サンプル程度の在庫で無在庫販売が可能(受注が入ってから仕入れ準備をすることが可能)
・タオバオ等の中国EC 店舗へ卸販売が可能=代理店開拓が可能(BtoBtoC)
・掲載していない商品も販売可能(企業間マッチング機能)
・新たな商品開発などの商談が可能(企業間マッチング機能)

つまり、1688へ出店することで1688だけではなくタオバオへの進出や代理店開拓まで一気に実現可能なのです!!

 

日本企業の1688への出店条件

1688へ出店するには、まず「中国現地法人を有する」ことが必須条件となっています。
そして、中国現地の銀行口座も持たなければいけません。またその銀行口座でアリババの決済サービス「アリペイ」のアカウントを開設する手続きも必要です。

そしてアリババの信用保証サービス「誠信通」とバイヤー保証サービスに加入することも必要となっています。出店の初期費用として、「誠信通」は年間6,688人民元(約12万円)/年+バイヤー保証サービスが5,000人民元(約9万円)となります。(バイヤー保証サービスに関しては、費用は商品カテゴリーによって変動する場合があります。費用は閉店する際に全額返金。)

また、日本製の商品を扱う日本企業様は、開店後に1688の輸入商品部門「進口IN選」の登録もおすすめです。
「進口IN選」に登録できれば、店舗のプロフィールに特別なマークが追加され、一目で「輸入商品専門の店」を表すことができます。また、システムが輸入商品の需要が高い顧客を分析して、そのような顧客たちに自動的に店舗や商品のプロモーションを行うメリットもあります。

「進口IN選」申請条件:
①アリババの信用保証サービス「誠信通」とバイヤー保証サービスに加入していること。
②出品している輸入商品は10点以上、かつ全商品の6割以上を占めていること。
③1688のBSR(Best Sellers Rank)指数は平均レベル以上であること。
④店舗リスク評価に合格したこと。
⑤90日以内の取引トラブル率が0.03%以下orトラブル回数が1回を超えないこと。

 

・・・上記の店舗開設条件の中で、日本企業様にとって一番難しいところは「中国法人」「中国現地の銀行口座」の取得になるでしょう。
弊社では1688の中国法人名義レンタルが可能なため、中国法人をお持ちでない企業様でも出店可能です。また、決済についても弊社銀行口座を経由するため、中国銀行口座は開設不要です。勿論、出店準備や管理運営までマルっと代行可能です。安心の日本資本100%の弊社経由でぜひ1688への進出をご検討ください。

 

いかがでしたでしょうか??同じアリババ社でも、1688はタオバオや天猫とは特徴が少し異なります。さらに加速する中国EC業界で成功していくためには、商品や企業様のご希望に応じて何が一番最適な方法なのかを見極めることがとても重要です!

 

 

 

<<<株式会社MARUでは、中国のECプラットフォームへの進出支援が可能です!>>>
開店準備・運営代行・市場調査・商標登録・集客プロモーション、、、などトータルでサポートをいたします。
中国法人の設立・銀行口座の開設代行、もしくは中国法人・銀行口座のレンタルはもちろん、1688店舗の開設/運営は全般的にサポート可能!
中国の問屋/小売業者、また一般消費者への大量販売を目指す日本の企業さまに最適なサービスとなっています。

また自社ECサイト(MARUショップBtoC販路)もございますので、弊社ショップ内に気軽に中国への出品も可能です!(審査あり)
貴社の現状やご希望に応じて最適な進出プランをご提案いたします!
お気軽にご相談くださいませ(^o^)♪

 

TwitterやFacebookも更新しているので、ぜひ覗いてください^^
FacebookやTwitterも随時更新中♪

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/maru1001

 

Twitter↓↓

https://twitter.com/maru01beauty

 

初めて中国人をターゲットにするとき・・

高い広告費だと心配ですね、、

MARUの中国広告は安いから安心。

お気軽にお問い合わせください^^

https://maru.co.jp/contact

TwitterやFacebookも更新しているので、ぜひ覗いてください^^
FacebookやTwitterも随時更新中♪

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/maru1001

 

Twitter↓↓

https://twitter.com/maru01beauty

 

初めて中国人をターゲットにするとき・・

高い広告費だと心配ですね、、

MARUの中国広告は安いから安心。

お気軽にお問い合わせください^^

https://maru.co.jp/contact