CHINA NEWS中国最新情報

中国の最新情報・動向

コロナ継続の中、メーカーが今すべきPR施策は!?

こんにちは。中国人集客専門プロモーション会社、MARU(大阪)のブログです。

新型コロナウイルス感染症が確認されてから2年余り。感染拡大を防止するために、世界各国は海外への渡航禁止または制限などの厳格な対応策を実施してきました。新型コロナウイルスの発生が人々の日常生活に大きな変化をもたらしたことで、経済活動にも大きな影響を与えました。
現在、外国人の来日が困難な状況の中、「とりあえず様子を見てからにしよう」と、コロナが終息するまで外国人向けのPR活動を停止している企業がたくさん存在しています。
しかし、何もせずにただ様子を見ているだけでは貴重な時間が無駄になってしまうだけです。今こそ外国人を誘致する「種」をまくべきなのではないでしょうか。

今回のブログでは、あまり知られていない「在日中国人を利用したプロモーション(在日中国人バイヤー、在日中国人のライブコマース)」「越境ECを利用した中国への販売」についてご紹介したいと思います(^o^)/

 

目次
①在日中国人バイヤー経由で自社商品の認知度を拡大
②在日中国人ライブコマース
③越境ECで自社の商品を中国へ販売
まとめ

①在日中国人バイヤー経由で自社商品の認知度を拡大

中国人が海外商品を入手するルートの一つとして、現地にいるソーシャルバイヤーが活躍しています。もちろん、日本在住の中国人にもソーシャルバイヤーに従事する人はたくさん存在します。
ソーシャルバイヤーは、WeChat(日本でいうLINEのようなアプリ)などを利用して、プライベートで顧客と繋がるケースが普通です。

取引の流れとしては、
step1:WeChat内でグループチャットを作成し、顧客をグループチャットに招待。
step2:グループチャット内で商品の情報を公開し、商品について質問が届いたら対応。
step3:購入意向がある人はバイヤーに個別で連絡し、WeChat内の決済機能「WeChatPAY(微信支付)」で商品代金を決済。商品は、EMSなどの国際物流経由で中国国内の購入者の手元に届く。

以上の流れで、もし取引が順調であれば、顧客が自発的に周りの人への宣伝、拡散をしてくれるため、バイヤーの顧客層も自動的に拡大されます。
そのため、バイヤー1人が顧客数百人を保有していても珍しくありません。さらに、抖音(中国版TikTok)、微博(Twitterのようなアプリ)などのSNSに進出し活躍するソーシャルバイヤーも存在しており、フォロワー数100万人単位までに至るケースもあります。

膨大な人脈を持っているソーシャルバイヤーを利用して情報を拡散することは、非常に効率的なプロモーション方法です。

↓事例

日本在住のソーシャルバイヤー30人に商品情報の拡散を依頼すると、まずそのバイヤーが各自運営しているWeChatグループチャットに拡散し、約1600人の顧客ができます。さらに、顧客1人1人の人脈でその情報がどんどん広がり、中国での幅広い情報拡散効果が期待できます。

 

②在日中国人ライブコマース

「ライブコマース」とは、ライブ配信で視聴者に商品を紹介し、その場で購入ができる販売方式です。
通信技術の進歩と共に急成長し、わずか数年間で中国で一番流行っている販売方式となっています。2020年、中国のライブコマースの市場規模は1.2兆人民元(約20.7兆円)を超え、年間成長率は197%となりました。
さらに、2023年には中国のライブコマースの市場規模は4.9兆人民元(約84兆円)を上回ると予測されていて、最も将来性のある業界の一つと言われています。

中国ではライブ配信の普及率が非常に高く、インターネットユーザーの内6割以上の人はライブ配信を視聴しています。ライブ配信の中でライブコマースはメイン内容となっており、ライブコマースの視聴者は約3.88億人、全体のインターネットユーザーの約4割を占めています。
また、全視聴者の約2/3は視聴した後に実際に商品を購入しているようです。

現在、中国国内だけではなく、中国国内の消費者に向けて海外からライブコマースを行う個人(KOL)や企業も増えています。
*KOLとは、Key Opinion Leader(キーオピオニオンリーダー)の略称であり、「インフルエンサー」と似ています。
特に現在、コロナの厳しい水際対策で海外旅行ができないため、現地から発信しているライブコマースで好きな海外商品を購入する人がどんどん増えています。
たとえ同じ商品だとしても、中国国内のECショップや店舗で購入するより、商品の原産国から販売者が生ライブ配信した方がより信憑性が高く人気があるのです。

↓過去事例

●ソーシャルバイヤーを起用して、ライブコマースを実施。

内容:美容商品の紹介、販売
配信日時:2021年12月 、20:00~22:00(日本時間)
実施内容:Wechatでライブコマースを配信し、 Wechat店舗への誘導。その場で商品の詳しい紹介を通して、購入、再度購入を促進。

【結果】
ライブ視聴数:750
受注数:50件
転換率:6.6%

↓実際のライブ配信の画面

③越境ECで自社の商品を中国へ販売

「越境EC」という言葉をほとんどの方は聞いたことがあるかと思います。越境EC=インターネットを利用して、国内から海外へ向けて商品を売買するEC(電子商取引)のことを指します。

通常の貿易と比べて、越境ECは一般貿易より通関手続が簡単化されていています。特に化粧品や食品などの一般貿易では、複雑な検査や許認可が求められる商品の場合でも、初めて中国へ進出する物であってもスムーズに進めていくことができます。

では、どうやって越境ECを始めるのか?
ここでは、越境ECを始める3つの方法を詳しくご紹介していきます!

①中国の大手ECサイトに出店


日本企業の名義(現地法人は不要)で中国の大手ECサイト(天猫、京東など)に越境ECの店舗を開設することが可能です。資生堂、マツモトキヨシなどの大手企業も多数進出しています。

メリット
1.日本法人のままで企業店舗を作れるので、中国法人を作る手続きが不要。
2.大手ECサイトなので、認知度が高く、ユーザー数が多い。
3.プラットフォーム側の出店審査があるため、信用度が高く、消費者の信頼を得やすい。
4.中国のECセール(11.11セール、618セール)に参加し、普段より高い売上を達成する可能性がある。

デメリット
1.申請手続が複雑、開店審査も厳しい。
2.開店費用が高く、年間維持費やロイヤリティ的な費用も発生。
3.参入者が多く、競争が激しい。

対象:すでに中国で認知度のあるブランドや商品+予算額が十分な企業様

②WeChatミニプログラムで独自の越境EC店舗を構築
日本では自社独自のECサイトを開設することが通常ですが、中国の法律ではウェブサイトを開設する際に、サイト管理者の情報を政府に提出する(ICP登録・中国語:ICP备案)必要があります。また、ショッピングサイトのようなビジネス目的を持っているウェブサイトは、ICP登録以外に、別途「商用ICPライセンス」(中国語:ICP许可)の申請も必要となります。
上記の手続は非常に複雑で、日本法人名義での申請はほぼ不可能です。
そのため、日本のように自社のECサイトではなく、SNSアプリWeChatのミニプログラムをEC店舗として活用することをお勧めします。

メリット
1.日本法人のままで申請可能、複雑な手続は不要。
2.販売可能な商品カテゴリーが広い。
3.売上金は日本口座で受け取り可能。
4.中国で最も使われているSNSアプリ「WeChat」内で商品のプロモーションが実施可能。

デメリット
1.機能面では専門的なECサイトより劣る部分がある。
2.プロモーションに力を入れることが必要。

対象:ECサイトの初期費用・維持費が高く感じる企業様、WeChatを生かして自社商品の拡販、認知度拡大を目指す企業様。

方法③すでに確立しているEC店舗に委託販売
自社で単独のEC店舗を構築することが困難な場合は、既存のEC店舗に委託し代理販売してもらうことも一つの選択肢となります。ECサイトへ進出や自社EC店舗を構築するより、コストを最低限まで軽減できるので、気軽にお試しできます。

対象:低コストで中国へ進出してみたい企業様

弊社でも独自のECミニプログラムを運営しており、美容・コスメ・アパレルなどの商品であれば、初期費用・月額費用0円
数万円~のプロモーション費用で中国進出が可能です。カスタマーサポート対応や商品ページの作成など、越境ECにおける一連の作業は全て弊社でサポート致します。女性向けの商品を扱っている+まずは少しの商品数かつ低コストで中国へ進出したい企業様に最適です。

↓実際の店舗ページ画面

 

<<<株式会社〇(MARU)では、貿易・ECのサポートを行っています!>>>

TmallGlobalへの出店手続き代行や市場調査、
また、自社ECサイト(MARUショップ)もございますので、気軽に中国への出品も可能です!(審査あり)
お気軽にご相談くださいませ(^O^)♪

http://gss.mof.gov.cn/gzdt/zhengcefabu/201912/P020191227607915178053.pdf

TwitterやFacebookも更新しているので、ぜひ覗いてください^^
FacebookやTwitterも随時更新中♪

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/maru1001

 

Twitter↓↓

https://twitter.com/maru01beauty

 

初めて中国人をターゲットにするとき・・

高い広告費だと心配ですね、、

MARUの中国広告は安いから安心。

お気軽にお問い合わせください^^

https://maru.co.jp/contact

TwitterやFacebookも更新しているので、ぜひ覗いてください^^
FacebookやTwitterも随時更新中♪

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/maru1001

 

Twitter↓↓

https://twitter.com/maru01beauty

 

初めて中国人をターゲットにするとき・・

高い広告費だと心配ですね、、

MARUの中国広告は安いから安心。

お気軽にお問い合わせください^^

https://maru.co.jp/contact