CHINA NEWS中国最新情報

中国の最新情報・動向

実はまだまだ知られていない!?中国BtoBマーケティングの成功法とは【微信(WeChat)編】

こんにちは。中国人集客専門プロモーション会社、MARU(大阪)のブログです。

前回に続いて、中国に向けてのB-to-B(企業間)のマーケティング法についてご紹介します。今回は、中国で最も使われているチャットアプリ「微信(WeChat)」の活用法を詳しくご説明します(^o^)♪

目次
微信(WeChat)について
おすすめの微信(WeChat)マーケティング法① 公式サービスアカウント
おすすめの微信(WeChat)マーケティング法② WeChat広告
おすすめの微信(WeChat)マーケティング法③ 「私域流量(プライベート・トラフィック)」の活用
まとめ

微信(WeChat)について

「微信(WeChat)」とは、中国IT大手「テンセント(騰訊)」が開発したメッセンジャーアプリです。
2011年1月21日にリリース以降、利用人数がどんどん増加し、現在は登録者数が12億人を超える中国最大のチャットアプリとなっています。
機能面では「LINE」のような文字、スタンプ、ボイス、画像、動画の送信や音声通話、ビデオ通話などの基本的なコミュニケーション機能以外にも、ビジネスや生活に関係する便利な機能がたくさん搭載されています。
中国で一番普及しているチャットアプリとして、「微信(WeChat)」はB-to-Cのマーケティングはもちろん、対企業のマーケティングでも活用可能です。

おすすめの微信(WeChat)マーケティング法
①公式サービスアカウント

日本でのB-to-Bマーケティングでは、会社のホームページは企業間窓口のような存在となっています。しかし、中国では外国企業名義で自社のホームページを開設することはかなり困難な状況です(中国現地で子会社or駐在事務所を設置しなければならない)。

そのため、ホームページの代替案として「微信(WeChat)」の公式サービスアカウントを開設することをお勧めします。

「微信(WeChat)」では、「公式アカウント」という機能があります。公式アカウントの中には、
①メディア的な機能が充実している「公式購読アカウント(订阅号)
②サービスの提供やフォロワーの管理ができる「公式サービスアカウント(服务号)
の2種類に分けられています。

「公式購読アカウント」と違い、「公式サービスアカウント」は企業の名義でしか開設できないため、よりビジネス寄りなイメージになります。また、会社情報の展示、新しい情報の発信(月4回)、問い合わせフォームなど、ホームページと同等の機能が実現可能です。

↓日本企業名義で開設した公式サービスアカウント

公式サービスアカウントのメリット
①日本法人のまま開設できるので現地法人を設置しなくてもホームページ機能を実現できる。
②維持費は年間99ドル(約11,750円)だけなので、最低限までコストを削減できる。
③アカウントのフォロワーに向けて、情報(文章、画像、動画など)の発信ができる。

公式サービスアカウントのデメリット
①「微信(WeChat)」内の機能なので、外部からのアクセスができない。
②情報発信の回数が制限されている。(月4回まで)
③公式アカウントを拡散するために、別途プロモーションが必要。
※これはWEBサイトにも言えること。認知獲得PRは必須。

おすすめの微信(WeChat)マーケティング法
②WeChat広告

「微信(WeChat)」の中には広告サービスがあるので、それを利用して中国企業への情報拡散を実施するマーケティング方法があります。

WeChat広告は、展示する位置によって①「モーメンツ広告(朋友圈广告)」、②「公式アカウント広告(公众号广告)」、③「ミニプログラム広告(小程序广告)」、④「チャンネル広告(视频号广告)」の4種類に分けることができます。

①モーメンツ広告(朋友圈广告)
モーメンツ広告とは、WeChatのタイムライン機能の中に展示される広告のことです。Facebook広告と同じように、ユーザーのWeChat友達の投稿と同じ位置に、同じ形式で広告を表示するものになります。
また、普通の投稿と同じように、シェアやコメント、「いいね!」などのリアクションも可能なので、ユーザーからの拡散や他のユーザーとのコミュニケーションも可能です。

②公式アカウント広告(公众号广告)
公式アカウントのページに表示されるバナー広告です。

③ミニプログラム広告(小程序广告)
WeChatにはミニプログラムと呼ばれる、WeChat内アプリ機能があります。ミニプログラム広告は、ミニプログラム内に掲載するバナー広告です。

④チャンネル広告(视频号广告)
チャンネルとは、WeChat内に搭載しているショート動画・ライブ配信機能のことです。イメージとしては、日本でよく使われている「Tiktok」をWeChatに入れたようなものです。チャンネルの中では、画像・動画・ライブ配信で広告を発信することができます。

WeChat広告のメリット
①中国人で一番普及しているアプリのため一般人だけではなくビジネスにも使用されている。
②広告の表示位置、形式などの選択肢が多く、状況に合わせて自由に選ぶことができる。

WeChat広告のデメリット
①広告を投稿する前に、WeChat公式アカウントやミニプログラムを開設する必要がある。
②良い効果を得るためには長期間の掲載が必要なため、費用がかかる。

おすすめの微信(WeChat)マーケティング法
③「私域流量(プライベート・トラフィック)」の活用

「私域流量(プライベート・トラフィック)」は、現在中国マーケティング業界で一番注目されているトピックと言われています。
「私域流量」は、まず外部(インターネット、メディア、広告、パートナー企業など)から、自社のSNSアカウントやアプリ、ウェブサイトなどのプラットフォーム(私域)にユーザーを誘導してマーケティングを行います。それによって獲得した流量(トラフィック)が「私域流量(プライベート・トラフィック)」と呼ばれています。
微信(WeChat)は中国で最も使われているSNSアプリとして、「私域流量」でB-to-Bマーケティングを実施する理想的なプラットフォームとなります。

微信(WeChat)を利用して「私域流量」でB-to-Bマーケティングを実施する際、まず前文で紹介した「WeChat公式アカウント」を開設してフォロワーを集めることが必要です。
次のステップとしては、公式アカウントのフォロワーの中の企業人をWeChatグループチャットに誘導し、ビジネス的な商談の場を設ける形となります。

WeChatのグループチャットでプロモーションを実施する流れ:
①グループチャット運営用のWeChat個人アカウントを作成、このアカウントでグループチャットを作成。

②WeChat公式アカウントやほかのプラットフォームのフォロワーをグループチャットに誘導する。

③定期的にグループチャットに情報発信+グループチャット内のメンバーとコミュニケーションを取る。

 

「私域流量」でB-to-Bマーケティングを実施する事例①日本化学メーカー様

【施策内容】
●Wechatビジネスグループへ情報拡散
●Wechat公衆号へ記事配信
●オフライン営業活動

【施策結果】
●5社とのマッチングに成功
記事閲覧数:350
グループ拡散:数万人
オフライン営業活動:数社

特に関心がありそうな企業80社を重点的に案内、その後5社をピックアップしクライアント様へ打診。

「私域流量」でB-to-Bマーケティングを実施する事例②株式会社パラダイムシフト様

【支援内容】
●Wechatビジネスグループへ情報拡散
●Wechat公衆号へ記事配信
●オフライン営業活動
●動画配信

【結果】
●20社とのマッチングに成功
記事閲覧数:200~500PV×20本以上
グループ拡散:数万人
オフライン営業活動:数社

情報拡散後、Wechatにて個別問合せあり。

 

「私域流量(プライベート・トラフィック)」のメリット
①企業間の情報交換やビジネス商談がほぼ無制限で実施できる。
②維持費などがかからないので、コストが低い。

「私域流量(プライベート・トラフィック)」のデメリット
①グループチャット内の活動がしばらく停止した場合は、メンバーが離脱する可能性がある。
②グループチャット内で自社に不利な情報が流される場合がある。
③グループチャットを運営するために運営スタッフを配置する必要があるため、人件費がかかる。

まとめ

中国で最も使われているSNSアプリWeChat(微信・ウィーチャット)で対企業マーケティングを行う場合、ホームページの役割を果たす、広告の発信を行う、企業人が集まるグループチャットの保有ができるなどの効果が期待できます。
しかし、WeChatをうまく活用するには、まずWeChatの仕組みや規約などを詳しく把握しなければいけないので、普段あまりWeChatに触れることがない方にとってかなり難易度が高いでしょう。

株式会社MARUなら、中国に関わることについて幅広くサポート可能です!
中国向けのビジネスで気になる点がございましたら、ぜひお問い合わせください^^

⇒次回は、「百度」や「WeChat」以外のB-to-Bマーケティング方法をまとめてご紹介します。お楽しみに~!

 

<<MARUならご要望に基づいて全力でサポート致します!!>>

●中国人向けに情報発信したいが、どのプラットフォームを使えばいいかわからない・・・
●中国アプリをダウンロードしたいが、ダウンロード方法がわからない・・・
●中国語なので投稿記事の作成や投稿作業ができない・・・

そんな方はお気軽にご相談ください(^O^)/

初めて中国人をターゲットにするとき・・

高い広告費だと心配ですね、、

MARUの中国広告は安いから安心。

お気軽にお問い合わせください^^

お問い合わせフォーム:https://maru.co.jp/contact/

FacebookやTwitterも随時更新中♪

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/maru1001

 

Twitter↓↓

https://twitter.com/maru01beauty