NEWS新着情報

中国の最新情報・動向

七夕から中国人の流行が分かる!?京東ネットショッピングビッグデータから七夕の中国人消費状況を分析しました!

こんにちは、MARUのリ・トクイです。
いきなりトップの写真で驚かせてすみません・・
こんな奇妙な写真なのにクリックしていただき、ありがとうございます(;^ω^)
この写真が「七夕、中国」にどういう関係があるか、まずお話しましょう。

こいつ、カエルなんです。ゲロゲロ鳴くカエルです。
2020年7月25日は中国の七夕でした。
中国の七夕は別名、カップルの日。
多くの中国人カップルがデートしたり、プレゼント交換したりするんです。
で、なんでカエル?ですよね。はい。
中国でカエルの鳴き声は「ググァ ググァ(咕呱咕呱 GUGUA GUGUA)」と表現します。
そして、面白いことに、中国で独り身、孤独を意味する「孤寡(GUGUA)」もググァと発音するのです。
そこで、面白ネタとして、この画像と鳴き声を独り身の友達にチャットで送る文化が今年、流行りました。
こんな感じ↓↓

左側の相手は、「こ〇すゾ」と・・冗談ですが、そりゃキレますよね(笑)
しかも、送りたい人が相手に直接送るのではなく、これを代行する業者がいるんです。
なんと、アリババで出品されていましたーーーー

約40元なので、600円くらいですね~
ということで、今年中国では、七夕=このカエルなんです。

前置きが長くなりましたが・・・早速本題です!
「七夕から中国の消費状況を分析!」ですね。
大きく分けて下記のテーマでお話していきます!

●2020年の中国七夕事情は?
●消費額や都市ごとの特徴は?
●劇的な変化が見られた3つの市場とは?

今は中国の消費=ネットショッピング需要といっていいほど、ネットショッピングが盛んです。
では、今年、七夕時のネットショッピング行動は、例年と比べて何か違いがあったのでしょうか?見ていきましょう!

これから中国の調査文書の記事(”京东大数据揭秘的全民“七夕”、鲜花、珠宝与巧克力”と “不爱线上鲜花的七夕节)を基に、私自身の分析も加えてお伝えしていきます~!


2020年の中国七夕事情は?

中国第2位のネット通販「京東(ジンドン)」が公開したビッグデータによると、京東のプラットフォーム上でのキーワード検索数が七夕の一週間前と比較して、280%増加しており、そのうち
「彼氏・彼女に送る」(送男/女友)
「ギフト」(礼物)
「チョコレート」(巧克力)
「生花・プリザーブドフラワー」(鲜花/永生花)
「ライター」(打火机)
「カップルの日のギフト」(情人节礼物) …などのキーワードが上位を占めていました。

七夕のネットショッピング市場に関わる主要な人口層については、7/28から8/25までの百度指数のデータを参考にすると、20~29歳に集中していることも明らかです。
また、京東ファッションプラットフォーム事業のデータからも、七夕関連商品を購入する消費者には、25-35歳の人口が昨年よりも大幅に増加していることが分かり、サイト全体の平均データよりも約20%高くなっています。

どんな商品が売れるかについては、「京東」のビッグデータによると、七夕の前夜までには、家庭商品、アウトドア商品、高級品などのカテゴリーの販売額が20~30%程度増加しており、海外輸入品、アクセサリー、バッグなどが人気を集めています。

消費額や都市ごとの特徴は?

消費額のトップは、一線都市の上海、北京、深セン、広州で、その中でも特に、女性・中高所得者層・ハイインテリ層たちが消費力の中心のようです。
中国初のお金持ちの人しか登録できない会員制のオンラインショップ京東の「1号会员店」によると、七夕の前の週に、最も急成長した商品は、
●12星座プリザーブドフラワーのバラ(十二星座永生玫瑰)
●オーストラリア産輸入ステーキ(澳洲进口牛排)
●赤ワイン
●マジック燕の巣(魔法鲜泡燕窝)←つばめの巣!?何これ?!って思いますよね、つばめの巣から取れる成分を使って作られたゼリーのような美容食品です。(4個入りで1万円くらい・・)
●ヤーマン高周波美顔器(雅萌射频美容仪)  です。

その中でも、輸入ステーキや赤ワインの需要は増加傾向にあり、七夕はいつもより、ちょっと高級な生活を求め、大切な人とロマンチックなディナータイムを過ごしたいということなのかもしれません(*´ω`*)

また、第一級都市と比較して、辺境都市の成長にも注目が集まっています。
中国の中西部都市のチョコレート・キャンディーの消費量は、全国平均より上回りました。
(中国の中西部都市は、北京など経済が発達しているエリアから離れており、経済が中心部より遅れている。モンゴルに近いところ。)
特に、ギフトボックスセットは前年比約280%増となりました。
また、高級美容系商品は、二線以下の都市で広く人気を集めました。
京東のデータによると、最も急速に成長している省や地域は遼寧省、河南省、四川省です。
辺境都市は経済成長を得ており、「七夕」という旬節にちなんで、贈り物のやり取りが活発に行われるようになりました。

七夕に劇的な変化が見られた三つの市場【高級品、花、ライター】

七夕に急成長した市場は、高級品、花、ライターです。
順番に見ていきましょう。

まずは、
①高級品
七夕に最も成長率を伸ばしたカテゴリは投資用貴金属です。
投資用金・銀は今年の520日(中国のバレンタインデー)などカップルの日における消費がともに好調で、七夕には前年比148%増となり、消費者の間ではかなりの人気となっています。
また、中国の伝統文化の薫りが漂う翡翠で作ったジュエリーが最も人気で、売上高は前年比53%増となったほか、水晶メノウ、真珠、和田玉などが40~50%増となっています。

 

続いては
②花
七夕のメイン市場であるはずの花のネット販売が少しずつ変わってきています。
搜狗(Sogou)インデックスで過去7日間(8/20~8/26)の検索インデックスを調べてみると、チョコレートやライターなどの人気商品を携帯端末で検索した結果は、昨年より58.4%と、16.8%増となっていますが、「花」の検索結果は-7.1%減となりました。

また、京東のデータによると、花のネットショッピング市場の成長は、ほとんど辺境都市の成長率に依存しており、前年比の成長率が最も高いのは北西部地域で、130%以上の成長率に達しています。
また、海南市、遼寧市、天津市、重慶市、河北市などの省や都市も成長率ランキングの上位です。
つまり、一線都市はまだ花のネットショッピング市場の消費者ですが、割合が段々と減少されています。

花のネットショッピング成長率の停滞は、品質管理の物流が不安定なことが理由とも考えられます。

今年5/15、中国KOLの羅永浩がライブコマースで「花点时间」という会社のネット通販を宣伝したが、配達後の花の品質が悪かったため、CEOの朱月怡が公式ブログを通じて謝罪文を投稿し、補償措置を提案しました。

 

実際に、Eコマースのお客様ご意見窓口の苦情のビッグデータ(电子商务消费纠纷调解平台用户投诉大数据)には、「门客生活」、「花点时间」、「Flowerplus花加」、「与花生活」など花のネット販売会社が多くのお客様から苦情を受けていました。
結論、中国人が花を買う気がなくなった、という意味ではなく、オンライン購入からオフライン購入に徐々に切り替わっているようです。

 

最後は、
③ライター
京東のデータや搜狗(Sogou)インデックスでは、七夕にライターの検索数が増えると記録されていました。

 

昨年の同時期と比較すると、搜狗(Sogou)インデックスではライターの検索数は全体で16%、携帯端末では20.7%増加しています。

中国の喫煙者は約3億人。これは世界トップクラスの数値です。
ここからビジネスチャンスが表れてくるのも予想できますね~

七夕の日に、彼氏に何のライターを買おうかという話題は、検索エンジンでもたくさん出てきます。

 

また、京東でも七夕のプレゼントでライターのランキング一覧表があり、それを基に購入希望者が価格を比較したり、相談したりすることができます。

 

まとめ

いかがでしたか?
七夕の日のデータから中国の変化・流行を読み取ることができますね。

結論
●中国の七夕はカップルの日。プレゼント交換するので、ECサイトが活発化する。
●経済が進んでいる一線都市だけでなく、辺境都市も七夕文化が浸透し、消費額が上がってきた。
●七夕によって、成長した市場は「投資用貴金属」、「花」、「ライター」
花は、オンラインではなくオフラインに移行しつつある。

一線都市の文化が、辺境都市へ浸透してきていることから、旅行スタイルも浸透してくるかもしれません。第一、第二の都市の旅行パターンを真似して、有名なスポットに行って写真を撮ったり、買い物をしたいと考えているでしょう。
今は一線都市の層が中心ですが、辺境都市の層も日本に訪れるようになるかもしれませんね。

また、若い女性がライターを購入するという新しい文化が生まれていることから、若い女性も消費市場の主役になってきていますね。
中国は若者の力が凄いから、文頭であったようなカエル文化が出てきたり(笑)
今年はこんな七夕でしたが、来年は、また違ったモノは流行るんでしょうね。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
お問い合わせ
https://maru.co.jp/contact/

📞 06-6147-9332
📩 support@maru.co.jp
担当 三木 彩

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

【引用】
京东大数据揭秘的全民“七夕”;鲜花、珠宝与巧克力
https://www.sohu.com/a/414749917_120795523
不爱线上鲜花的七夕节
http://tech.sina.com.cn/csj/2020-08-25/doc-iivhuipp0646737.shtml?cre=tianyi&mod=pctech&loc=1&r=25&rfunc=100&tj=none&tr=25
七夕禮物打火機排行榜
https://www.jd.com/phb/key_16722b6f2820f633e07d.html
目前中国吸烟者占总人口的百分比是多少
http://www.ld618.com/z/24951.html
罗永浩直播卖花翻车,都怪直男不懂花?
https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1598515197&ver=2547&signature=ZnA4pCzoGJ7pPOlK-8CIOT9K3vEEz1KZM5ZJANDoCwF-4G-Zwc-czhR8yfm4M9TvEmiL25KtVJJXm0qeMn1ZF7GTFy8HPmcDkfv8vfzJRILvsKam-XO-dIyI59jIlHeC&new=1
百度指數
http://zhishu.baidu.com/v2/index.html#/
搜狗指數
http://index.sogou.com/
七夕那只“孤寡”青蛙,一天赚了10万
https://www.twoeggz.com/info/697900.html

卖「孤寡」年入 30 万,「线上慰问」服务居然这么多花样?
https://www.ifanr.com/1360969